水道GLP

阪神水道企業団は、平成18年8月29日に(社)日本水道協会から、水道水の水質検査について信頼性を保証する「水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)」の認定を取得しました。

<認定内容>
認  定  番  号 JWWA-GLP012
事  業  者  名 阪神水道企業団
水質検査機関名 水質試験所
適  用  基  準 水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)
認  定  範  囲
  水道水質基準項目(51項目)
 水道水・浄水
認   定   日 2018年8月29日
有  効  期  限 2022年8月28日
認  定  機  関 (社)日本水道協会 水道GLP認定委員会

https://sites.google.com/a/hansui.org/hanshinwater/quality/shui-zhi-qing-baofairu/master-2018-1.pdf?attredirects=0&d=1
https://sites.google.com/a/hansui.org/hanshinwater/quality/shui-zhi-qing-baofairu/master-2018-2.pdf?attredirects=0&d=1

                   (画像クリック《PDF》)

 水道GLPとは

GLPは、Good Laboratory Practice の略語で、優良試験所規範と訳されます。

水道GLPとは、国際規格であるISO 901とISO/IEC 17025の要求事項を日本水道協会が各水道事業体が実施している水道水の水質検査の実情に合わせて具体化したものです。

過去に行った水質試験が正確かつ適切に実施されたことを利用者に対して保証することを目的として、試料のサンプリング方法、検査手順、使用機械器具、測定結果の管理方法など、検査に関わる全ての項目についての実施記録を残すことが要求されます。