有機フッ素化合物に関するテレビ報道について

 令和元年515日にNHK放送局のクローズアップ現代プラスにて放映されました、「化学物質“水汚染”リスクとどう向き合うか」にて取り上げられた有機フッ素化合物の一つであるPFOSおよびPFOAにつきまして、水道法上の水質基準には定められておりませんが、過去有機フッ素化合物が海外で話題となった経緯もあり、平成20年度より原水、浄水を対象に独自で調査を実施しております。

 前年度の調査結果を下記に示しますが、平成28年に米国環境保護庁(USEPA)にて健康勧告値として設定した70ng/Lを大幅に下回っており、安全の確認をしております。

平成30年度調査結果(猪名川浄水場)

(ng/L)

原水

浄水

6

PFOS

1

1

PFOA

11

11

12

PFOS

2

<1

PFOA

8

7

今後も引き続き、有機フッ素化合物の監視を継続してまいります。

 ≪お問い合わせ先》
                 技術部 浄水計画課
                 TEL:078-431-2091 

水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)

水質検査計画



  平成31年度水質検査計画に対する意見等がございましたら、下記までお寄せください。
  いただきましたご意見は、次年度の水質検査計画作成時に参考にさせていただきます。

令和元年度水質検査結果《PDF》

平成31年 4月 (R元.5.21)